もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにで

もし過払い金が発生していたら、借金を帳消しにできるかもしれません。簡単に説明すると、過払い金は借金の返済の際に余分に払った利息のことです。
最近まで貸金業者の大半が、利息制限法で制定された以上の高金利でお金を貸していたので、ここでお金を借りていた人は高い利息をつけて返済していました。
つまり、この余分な利息が過払い金となります。過払い金を返還請求すれば、今の借金の返済に充てることができるでしょう。債務整理を実行すると、結婚をする場合に影響があるのではないかと思っている方がいますが、債務整理をしないまま、多額の借金があるほうがオオゴトです。
債務整理をした為に結婚に影響するデメリットとして挙げられるのは、家を建てたい際に、債務整理後、7年間は住宅ローンが組めない事でしょう。7年間以上あけるとローンが組めます。
債務整理は全て自分自身での手続きができない事もないのですが、そのやり方は極めて面倒です。
それから、任意整理の場合は債権者との直接的な交渉も入ってくるので、素人相手とわかってしまうと交渉が困難になる可能性も否定できません。
出費を伴いますが、プロである弁護士あるいは司法書士にお願いすると何よりもうまく手続きを進める方法でしょう。
費用の相談は法テラスで聞いてもらう事もできます。
もし、債務整理を行っても、本人以外の身内が不利益を被ることはないようです。
家族名義の財産が没収されたり、銀行のローンや借入ができなくなるなどという心配はありません。
とはいえ、問題になるのは、保証人が家族の場合です。保証人である家族が本人の借金を肩代わりすることになりますから、注意してください。
銀行からお金を借りている時は、自己破産を申請するとその銀行口座を凍結される可能性があります。
だから、前もって残金を手元においておいた方がいいです。
銀行は損失を避けるために、口座を凍結してその預金をロックしてしまいます。
口座が凍結されるのはひどいことだという印象を受けるかもしれませんが、銀行サイドからすれば、そうでなければ困ることなのです。
堅い職業の代表である公務員の場合、債務整理をしたら仕事先に確実に連絡がいくと考えがちですが、普通はそういった心配は無用です。
自己破産は別として、その他の債務整理では本人から話を持ち出さない限り、職場に知られることはまずないでしょう。しかし公務員ならではの共済組合などでも借り入れをしている時は、そのルートから発覚するおそれがあります。
もし、任意整理をしたとしても、たいしたデメリットなどないと考えてしまいがちですが、実際のところはしっかりとあるのをご存知ですか。
それは、官報に掲載されることです。
つまり、他人に知られてしまう可能性もあり得るのです。
それが任意整理の一番大きなデメリットだということになるかもしれません。
俗にブラックリストと呼ばれる信用情報機関が持つ事故情報の中の債務整理の情報が消えるまでにかかる時間は、どんな手段で債務整理を行ったかによって違います。
任意整理、個人再生、特定調整のどれかだったなら完済してから5年程度が経過した頃まででしょう。
ですが、自己破産をしたなら裁判所から免責が下りてから概算で7年前後です。
しかし、目安というだけでそうとは限りませんから、信用情報機関に情報開示を申し込んで確認してみれば間違いないでしょう。