個人再生とは債務整理の一つで

個人再生とは債務整理の一つで金銭債務を少なくしてその後の返済を楽にするというものです。これをする事によってほとんどの人の生活が楽になっているという現実があります。私も以前に、この借金の整理をして救われたのです。原則として奨学金の借り入れをする時は保証人と連帯保証人の両方が必要ですが、過去に何らかの債務整理を行った人が保証人になろうとすると、個人信用情報を紹介すれば分かってしまうため、審査に通らないこともあるようです。親族が高齢で保証人を頼めないというケースもありますし、事情があるのなら保証人を立てる人的保証制度ではなく機関保証を使うと、保証人はもちろん連帯保証人も不要で奨学金の貸与を受けることが可能になります。気になる保証料ですが、これは奨学金の貸与月額から差し引かれます。検討してみる価値はあるでしょう。お金を借りたら自分で返すのが社会通念上の常識とはいえ、努力しても返しきれるあてがない時には状態を改善するために債務整理を行うというのも手です。一般に債務整理を行う時期はいつかと言うと、返済金額が月収(手取り)の3分の1超になっているといった状況が至当だと言われています。
債務整理、とりわけ任意整理の場合はこの時期に行われるのがもっとも多く、対処法も考えやすい時期であると言えます。状況は人それぞれですから、債務整理をするべきか、それとも多重債務を一本化するおまとめローンをするべきかは違いがあります。
前者の場合、将来利息を付けずに返済していくことができるので、支払が必要な総額を少なくできますが、一旦は信用情報が傷つくため新しい借金はしばらく出来ないというデメリットがあります。
後者の場合、借り替えた所の利息がそれまでより低ければ支払い総額の減少が少しは見込めますが、債務整理での減少額には敵いません。
でも、返済をしっかり続けられるならば信用情報に傷をつけずに済みます。
返済の催告を無視して金融機関等から訴訟を起こされてからでも、やろうと思えば債務整理はできるものです。ただ、原則として可能なのは提訴してきた債権者に対する任意整理であって、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれるといったケースもあります。
それから減額の交渉をして和解成立となれば当然ながら訴訟は取り下げになるわけで、交渉で決めた通りの返済を行い、完済を目指します。
任意整理をした後に、いくらお金が必要だと感じたからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査のときにNGが出されます。
ひとたび信用情報機関のブラックリストに載った場合、登録が削除されるまでには5?10年はそのままですので、その時間を待てば借金をする事が可能です。もし、自己破産や個人再生をしたのなら、債務整理者の名前と住所が官報に公告されることは避けられません。
あまりなじみのない官報ですが、これは国の機関誌で、もし自己破産をしたのであれば二度公告され、個人再生をした場合は三度掲載されます。掲載される期間は1ヶ月程度と言われていますが、官報は日常的に見かけるものではありませんし、ほとんどの人は閲覧しません。もし任意整理を行ったのなら100%掲載されません。
もしかすると、過払い金で債務を大幅に減らすことができるかもしれません。
簡単に説明すると、過払い金は違法な金利で支払わされた利息のことです。
平成20年に法が変わる前は、20%を超える違法な高金利で融資をするような業者がたくさんありましたから、ここでお金を借りていた人は法定外の利息を払わされていたことになります。この払い過ぎた分が過払い金です。
過払い金を返還請求すれば、債務の負担が減らせる可能性があります。